ホームインスペクション

ホームインスペクション_メインイメージ
ホームインスペクションってなに?

ホームインスペクション(住宅状況調査・検査)とは、一般的に住宅に精通したインスペクター(住宅検査士)・住宅診断士等が、第三者的かつ専門的な立場から、住宅の劣化状況、不具合の有無を見きわめ、アドバイスを行う専門業務です。医療で言えば、「健康診断」に該当します。その状況調査・検査結果により、より精密な検査や治療(補修やリフォーム)が必要かをご報告することが可能です。

中古住宅の安全性や正当な価値が価格に反映されるようになり、高品質な建物はそれ相応に評価され、販売されると考えています。

なにより、買主様にとっては、販売価格が妥当な価格なのか、という客観的な判断材料が増えることになり建物の状況が分かることで安心して購入が出来る。売主様にとっても、インスペクションを実施し評価を得ることで、築年数や見た目だけでなく、建物の品質で判断してもらえる可能性が高まり、双方へのメリットが考えられています。

ホームインスペクションってなに?
dotline
ホームインスペクションが始まったきっかけ

2018年の4月から、売主や買主から依頼を受けた仲介業者は、インスペクションの中身を説明し、技術者をあっせんできるかどうかを告知するほか、実施した場合の結果の開示等が義務づけられました。建物の構造耐力上重要な部分の状況をはっきりさせ、取引の不安が解消されるようになると考えられています。

例えば、既存の住宅を購入する際は、何千万円もの買い物なのに「築年数・見た目」程度で購入を決めていることがほとんどでした。また、リフォームをする場合でも、古くなったから、傷んできたから、使いづらくなったから、などの理由で行うことが大半で、住まいの状態をしっかりチェックした上で適切なメンテナンスをすることはありませんでした。

しかし、少子高齢化や、住宅の性能アップにより、既存住宅のストックが増え続けてきていることにより、国の政策として、既存住宅の流通を活性化していくことが決まりました。

国土交通省では、中古住宅売買時に行われる住宅診断について、『既存住宅インスペクション・ガイドライン』(平成25 年6 月)を策定しています。

ホームインスペクションが始まったきっかけ
dotline
このようなご予定がある方はぜひご検討ください!

建物の状況や不具合の箇所等をチェックし、住宅の状況調査・検査結果を既存住宅の購入判断などに利用することができます。建物の劣化状態の調査・検査が中心で、劣化状態については、複数の項目で実施します。購入してすぐに大きな欠陥が見つかり、その補修工事に大きな負担が生じることがないように、リスクを抑えるためにも有効です。

ホームインスペクションを実施した物件を売却するメリット
  • 1.専門家が住宅状況調査・検査項目のチェックシートで調査・検査するので安心

  • 2.見えないところの不具合や改善点、補修が必要な箇所がわかる。

  • 3.入居後に発生する可能性があるトラブルを未然に予防できる。

  • 4.中古住宅のメリット・デメリットを知った上で判断できる。

  • 5.報告書をリフォームや修繕工事を依頼するときの参考に活用できる。

  • 6.報告書を将来の売却時に「住宅履歴」として利用することができる

  • 7.早期発見により修繕費用を安く抑えたり、計画的な修繕計画で安心な生活設計が組める。

ホームインスペクションを実施した物件を購入するメリット
  • 1.購入者に安心感を与えることで販売しやすくなる。

  • 2.購入後のクレーム・トラブルを減らすことができる。

  • 3.販売前に補修・リフォームすべき箇所がわかる。

dotline
dotline